縁(えにし)の塔

人間は、人の間の縁 人は、人としてこの世に生まれてくることを強く望み、その願いを父母(両親)が叶えてくれたからこそこの人の世に誕生することができました。 人は、人の間に生まれたが故に、人間と申すのでしょう。人と人とのご縁なくして生きることはできないのです。 因果という言葉があります。原因があれば結果があります。人は生まれたが故に「因」、死して「果」。その「因」と「果」の間に生かされてきた人の関わり(縁)があるのです。 縁なくして生きることができないのだから、人はここに存在した時から、無縁ではないのです。 縁(えにし)の塔を安住の場所にされた方は、これからも素敵な御縁にめぐり会うことでしょう。