西法寺の沿革

正徳二年(1712年) 六世安山楚宅代に、安叟派(海蔵寺を本寺とする末・孫寺)に対して報恩山善福寺を門首と定め、本寺の代行を命ずる文書が届く。
享保三年(1718年) 同和尚代に、千人の人々が集まり小野寺開基殿一族の念仏供養塔を建立。
享保八年(1723年) 同和尚代に三界万霊等(塔)を建立。
明和年間(1764年〜1772年) 七世曦山宅陽から九世桂龍呑丈代に本堂焼失。
安永七年(1778年) 九世桂龍呑丈代に狐塚佐々木長兵衛より雲版寄進。
寛政十年(1798年) 十一世千丈石門代、桂薗寺が海蔵寺に直登するため、当寺を含む安叟派寺院門下九カ寺がそれぞれ五〜六両を上納金として納める。
文化年間(1804年〜1818年) 十一世千丈石門から十二世泰山玉秀代に本堂焼失。
安政三年(1856年) 十五世来應智宗代に中吉田柿崎嘉兵衛により、地獄極楽絵図五幅、大般若経ほかの経典を寄進。
明治二十六年(1893年) 十八世一應禅登代に本堂庫裡焼失。この時までの三度の火災で古記録の全てを失う。翌二十七年本堂建立。
明治十二年(1879年) 『秋田県寺院台帳』によれば焼失前の本堂は八間×四間。庫裡は六間×十二間であった。
昭和二十三年(1948年) 十九世中興大観源光代に現在の本堂落慶。昭和十六年に基礎を造ったが、太平洋戦争に伴う混乱と不況のために中断していた。
昭和二十九年 大権修理・達磨大師像が施入された。製作者は横手市の中山人形三代目樋渡義一である。
昭和四十年(1965年) 二十世大運幸道代に庫裡建立。
昭和五十五年(1980年) 十二月、同和尚代に当寺裏の吉田城跡が秋田県指定史跡となる。
昭和六十年(1985年) 同和尚代に門前の千年杉を用材にして山門落慶、法要。
平成十三年(2001年) 現住代に三階建ての吉祥閣(百畳敷客殿・位牌堂)落成。
平成十四年(2002年)11月 二十世大運幸道大和尚遷化される。
平成十五年(2003年)6月 本葬儀を執り行う。
平成十六年(2004年)9月 先代和尚の供養として、富山県高岡市において大梵鐘を鋳造する。
平成十七年(2005年)4月 大鐘楼堂の着工
平成十八年(2006年) 同和尚代、境内諸整備と共に東北有数の大きさの大梵鐘、鐘楼堂は東北一の高さで12メートル。前には阿吽の石造仁王像と不動明王が造立された。
平成二十年(2008年) 寺務所・茶処建立。
平成二十一年(2009年)5月 境内地に墓地を造営する。
平成二十一年(2009年)6月 二十一世大道泰圓和尚(現住)晋山式。
平成二十二年(2010年)5月 永代供養塔を建立する。