癒しの鐘


正面には不動明王、左右に阿吽の仁王像


鐘がゴオォォンと鳴るのはその音を聞いて、今生かされている御恩(ごおん)を感じるためなんです。

直径1.35メートル、高さ2.7メートル、重さ3.5トンの鐘は秋田県内の寺院で最大。
朝6時、正午、夕方6時には住職が「刻の鐘」を撞く姿に出会えます。その時間に訪問すれば、一般の方でも鐘を撞けます。「千の縁が授かるように」と願いを込めて撞きましょう。
大晦日の夜11時より1分間隔で除夜の鐘を撞きます。
事前の予約で皆さんも鐘を撞けます。
※一突き1,000円、予約札を配布いたします。



■鐘楼堂-前面
 願いを託して鐘をついた時、その願いを叶うべく飛び出していく打ち出しの龍です。

■鐘楼堂-後面
 龍の尾。そこには「魔」を断ち切る剣を携えています。


■鐘楼堂-側面
 波に宝珠。

■鐘楼堂-側面
 波に宝珠。