吉田城跡



吉田城跡地
吉田城跡は、戦国時代平鹿・雄勝地方を支配した小野寺景道(かげみち)が築城したと伝えられる。その後、小野寺陳道(のぶみち)が継承したが、慶長6年(1601)ごろ小野寺氏の改易とともに廃城になった。
この城跡は、ほぼ方形で、周囲に土塁と水堀がめぐらされており、指定面積14,577.33平方メートルである。土塁は東西120m、南北100m、基底約6m、上幅約3m、高さ約2mで、その外周を幅約6〜10mの水堀が囲んでいる。
土塁北西隅は花見崎とよばれ、北東隅には三吉神社・稲荷神社がある。城跡に南接して西法寺があり、北方約500mに馬場跡及び馬水飲場・馬洗場と称される場所がある。東方にも鍛冶屋敷の呼称が残っている。
この城跡は、県内に残る数少ない平城跡として貴重な遺構である。


旧鎮守熊野堂


■歴住卵塔

■小野寺氏供養碑
享保3年(1718年)建立の小野寺一族の供養碑です。歴代横手城主の戒名が刻まれています。