メニューを表示する
癒しの鐘《鐘楼堂》
正面には不動明王、左右に阿吽の仁王像
直径1.35メートル、高さ2.7メートル、重さ3.5トンの鐘は秋田県内の寺院で最大。

朝6時、正午、夕方6時には僧侶が「刻の鐘」を撞く姿に出会えます。その時間に訪問すれば、一般の方でも鐘を撞けます。「千の縁が授かるように」と願いを込めて撞きましょう。

あなたも「除夜の鐘」を撞きにいこう‼
大晦日は、昼の部12時より、夜の部23時より、1分間隔で除夜の鐘を撞きます。事前の予約でどなたでも鐘を撞くことができます。
当日は、予約の時間に鐘を撞き、吉祥閣の客間にて年越し蕎麦をお召し上がり頂けます。
新年の挨拶とともに大切な方との団欒のひとときをお過ごしください。
最後に来年の祈祷札をお渡しします。
新たな1年のお見守りを約束致します。

※一突き1,000円、予約札を配布いたします。
鐘を、こころこめて撞くおっさん!